このエントリーをはてなブックマークに追加

家族写真を撮ろう

最近、家族そろって記念写真を撮ったのはいつでしたか。
子供が小さい頃は何かと行事があったりするので、家族で記念写真を撮る機会というのは多くあると思います。
しかし、子供が成長していくにつれて家族そろって写真を撮るということもだんだん無くなってきてしまうのが現実です。
家族の思い出をいざ振り返ってみた時に、あの時に撮っておけばよかった、なんていうことが無いように毎年家族写真を撮ってみてはいかがでしょうか。
まずは、家族写真を撮る日を決めましょう。
基準はありません、何でもいいのです。
例えば、お正月とかお父さんのお誕生日とか、皆が覚えやすい日にちが良いでしょう。
次に、どのようなスタイルで撮るかを決めます。
私の友人家族は毎年家族写真を撮っていたのですが、その家族はとてもユニークでした。
なんと数年間は毎年同じ服装で撮っていたのです。
何でもお父様のアイディアだそうで、服装が同じ分家族の統一感が出るのと、家族みんなの毎年の少しずつの成長や変化をよりリアルに感じることができるのだそうです。
そんな風にして家族写真を楽しんでいらっしゃる方々もいるのです。
たしかに、その友人の家族はとても仲が良く、家族間の情報をよく共有していました。
子供が思春期を迎えたり、親離れをしたりと家族間で溝が生まれやすい時期にも、この家族写真の儀式があるから何となく家族が集まります。
すると自然と近況や昔話に花が咲きます。
だからうちは仲が良いのかもしれないと教えてくれたことがありました。
共働きや核家族が多くなった現代では、親の目が十分に行き届かない分、愛情に飢えている若者や家族がバラバラで個人主義になってしまっている家庭は多くあるといいます。
もう家は手遅れだからとか、家族写真なんて今更恥ずかしいからなんて言わずに新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。
家族そろって写真を撮るというほんの些細なことが、大きな変化を生み出すかもしれません。
人間だれしも一人では生きていけません。
嬉しい時、悲しい時、幸せな時、泣きたい時…人生には色々な瞬間が訪れます。
そんな時いつでも一番近くで励まし、共に喜び、味方になってくれる家族がいるということは大きな心の支えになることでしょう。
家族の愛や絆を忘れがちな現代だからこそ、こういった家族写真が注目されているのではないでしょうか。
家族の絆を再確認するために、あなたも是非家族そろって写真を撮ってみてはいかがでしょうか。
Copyright (C)2017フォトスタジオが面白い!今注目の記念写真.All rights reserved.